売り買いは腹八分

■「売り買いは腹八分」とは

「売り買いは腹八分」とは、「投資で最大限の利益を得ようとして最安値での買いや、最高値での売りを行おうとはするべきではない」という教えと、「投資資金には余裕資金を投入するべきで、全財産を投入するべきではない」という教えの2つの意味をもつ投資の格言です。

■「最安値で買い、最高値で売る」という幻想は捨てるべき

「最安値で購入し、最高値で売却する」ということが出来れば、最も大きな利益を獲得することが出来るため、投資の理想であることは間違いありません。しかしながら、その理想を現実にできるかどうかと言われれば、それは難しいと言わざるを得ないでしょう。

投資では非常に複雑に絡み合った様々な要因が相場を形成しているため、それらを全て理解し、最安値と最高値を予測することはできるものではありません。また、「天井三日、底百日」や「売りは早かれ、買いは遅かれ」という投資の格言にあるように、相場が最高値圏にあるのはほんの短期間で、それを逃してしまうと相場は急落してしまう、ということがしばしば起こります。

そのため、最高値での売却を目指して保有し続けていたら、あっという間に相場が急落し、利益を失うどころか含み損を抱えるということになりかねません。そのような危険を冒すよりは、「まだまだ下がるかもしれないけれども、十分に割安になっている」というところや「まだまだ上がるかもしれないけれども、十分に利益が出ている」というところで満足し、売買を行う方が賢明でしょう。

■投資は余裕資金で

また、世間から投資が怖いと思われている理由の一つは、投資で破産することになったという体験談を聞いたことがあるということでしょう。

しかしながら、本来であれば、投資は失ってもよい余裕資金で行うべきで、全財産をかけたり、また失うと生活に困ってしまうような資金にまで手を出したりすべきではありません。

もし、「この投資で失敗すると全財産を失ってしまう」という状況や「子どもの教育貯金に手を付けてしまい、損失を出したら妻に離婚されるかもしれない」というような状況で投資を行ってしまった場合、市場環境などを冷静に分析することはできず、また落ち着いて判断することもできないでしょう。

このように強いプレッシャーの中でまともな判断をすることができる人間はそうそう多くはないため、わざわざ自分をそのような状況に追い込んで投資を行うのは悪手としてか言えません。そのため、投資を行う際には失っても生活には困らないという程度の資金を投じるにとどめておくことをお勧めします。

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする